考え方

友達は大切だ!友達が存在する人の特徴と大切にするべき理由

2020年1月12日


以前「友達は必要ない!」という記事を書きました。これは私の本当の気持ちであり、今も変わらない考え方です。しかし、人はそれぞれ違います。友達は必要ないという人もいれば、逆に友達は必要だという人もいます。

この記事を検索から見つけてくださった方は、おそらく大切な友達がいることと思います。「友達は必要ない」などと言っている人は無視して、是非その友達を大切にしてほしいと思います。

客観的に見て、友達がいなければ出来ないことや友達がいることによるメリットが存在することは事実です。今回はそのメリットに焦点を当ててみていきたいと思います。

友達が存在する人は素晴らしい人

友達とは
互いに心を許し合って、対等に交わっている人。一緒に遊んだりしゃべったりする親しい人。
引用:デジタル大辞泉

友達というのは生涯、一人いればラッキーなものです。

私が小学生のころはたくさん友達と呼べる人がいましたが、高学年になるにつれて「めんどくさい」と感じるようになりました。6年生ごろには煩わしさを感じるほどになり、相手に合わせないといけないという強迫観念のようなもがありました。それは皆仲良くしなければいけない、という思いがあったからです。それが普通の事だと思っていました。それはものすごくストレスなものとなっていた記憶があります。

楽しいときはそういったことは忘れるのですが、年齢を重ねるにつれ煩わしさが勝ることが多くなります。そうなると本当にめんどくさくなってきます。ちょっとした一言が気に障り、いつまでも引きずっていたりしたものです。

友達という関係を今まで続けられている人というのは、どこに行ってもうまくやっていける人だと言うことができます。どんな環境であっても、環境に合わせて生きていくことができる人です。おそらくそういう人が人類で生き延びていくのではないかと思うほどです。「友達が必要ない」などと考える私は、進撃の巨人でいえば、いわば奇形種で協調性を破壊し団体ではうまくやっていけないという感じだと思います。

大人になった今でも友達がいるのであれば、それはなかなかない事です。稀有なことであり、大切にするべきことです。しかし、その関係は対等でなければいけません。上からものを言ったり、横柄な態度をとるようであればそれはお互い友達とは言えません。上からものを言ったり、自分の意見を押し付けるという行為は、その対象者を認めていないことになるからです。

ですので友達というものは非常に難しい関係であるといえます。

友達を大切にする理由

友達を大切にする理由は

  • 協調性を身につけることができる
  • 様々な意見を聞くことができる
  • 普段のストレスから解放される
  • 声をかけやすい

友達がいる人は協調性が身につく

以前に友達は必要ないという記事の中で、友達は作るものではなく、自然とできるものであるという話をしました。

この記事の中では必ず同調しなければならない場面があり、自分を偽る行為であるという内容を書きました。しかしそれは逆を言えば、自分を抑え他人に合わせることができる協調性のある人だと言えます。

社会生活を送る中で、協調性というのは必要なものです。例えば勤め先でチームで仕事をしていくときに、ある点で妥協したりみんなと合わせてやっていくという場面が出てくると思います。そんな中自分勝手なことをしていたら周りに迷惑がかかり仕事に支障をきたします。また和を乱すことにより、チーム全体のやる気も削がれることになり、その中でいい仕事などできるはずがありません。和を乱すような人は厄介がられ、その場所にはいづらくなり、結局は自分が損をすることになります。

協調性というのは会社だけではなくいろいろなところで必要な要素となっています。他人に合わせるということは、他人を気遣う気持ちがあるからです。それは何も自分をないがしろにすることではありません。むしろ他人にすることは自分にも跳ね返ってくるものです。周りを気遣い、全体がうまくいくように合わせることで自分も得をすることになります

協調性があるということは人の事を気遣える優しい心があるということです。もちろんこれは過剰なものはデメリットになることがありますが、これを全て欠くとなると、自分自身の首を絞めることになります。良い事も悪いこともそのまま自分に返ってくるのが世の常です。時間差があるのが難しいところではありますが。

いろいろな意見がもらえる

友達がいなければ、意見を聞くことすらできません。心の許した友達なら、普通の人なら言いにくいことであっても言ってくれることもあります。そのおかげで新たな気付きが生まれ、新しい自分に気づくということもあるかもしれません。思いもよらない自分の良いところが発見出来たり、無意識に行っていた悪い癖なども指摘してもらえるかもしれません。それは友達がいて初めて気づけるものです。

同じ目的意識を持った「同志」や「仲間」などは、その目的以外の事には興味がないことが多いので、「気づき」という面では友達がいた方がいいのは言うまでもありません。

相談にも乗ってもらうことができると思います。上司や家族に言いにくいことなど気心の知れた友達になら言えることもあるかもしれません。

普段のストレスから解放される

大人になって友達が存在する人は、おそらく仕事とプライベートという感じでライフスタイルが分かれている事と思います。

一般的に仕事をする中で、友達というのはなかなか聞かないことです。仕事であれば仲間やパートナーという言い方をします。

プライベートといえば休みの日など仕事以外のときをいいます。そのプライベートの時に自分との付き合いをしてくれるのが友達ということになります。

この友達というのは普段仕事では出来ないようなことを話したり、一緒にしたりして楽しみます。これはストレス解消にもなり、エネルギーを充てんするのに役立ちます。

気楽に声をかけられる

友達というのは気楽に「声かけ」出来るところが良いところではないでしょうか。仕事の間柄であれば利害関係がある中での付き合いなので、それ以上の関係を望まない人が多いのです。その中での「声かけ」になると立場が強い方から弱い方へのみ成り立つものになります。「声かけ」というのは具体的に言うと飲みに行くことを誘ったり、遊びに行くこと誘ったりすることです。

普段から親しい付き合いをしていれば、そういう声がかかった時に行くことになると思います。

人は考え方や価値観が変わる生き物

友達はお互いが対等であって初めて成り立つ関係です。友達との関係に何か違和感があればその感覚は正しいです。

例えばストレスから解放されるどころか、ストレスを頻繁に受けるのであれば問題です。ストレスを感じさせる何かがその人か、もしくはあなた自身にあるからです。今までは気が合っていたのに、だんだんと合わなくなるということもあります。大抵は感じる方に変化があります。何か違うと感じることがあれば、それはあなたが変化したからです

ストレスを感じるような時は無理に会ったりせず、少し距離を置くのもいいのかもしれません。

人は時間とともに考え方や価値観が変わっていくものです。それは良くないということではなく、成長と捉えるべきことなのです。

  • この記事を書いた人

宮野 功次

1986年1月8日生 健康・生活に関する役立つ知識や情報を発信していきます。 鍼灸師・柔道整復師 /コメントいただけたら喜びます。

-考え方

Copyright© 宮っち食堂のブログ , 2021 All Rights Reserved.